2017年2月24日金曜日

上手くなるメソットを考えています

個人レッスン、少人数レッスン、スプリントレッスンを始めて早いもので5年ぐらいになります

先日、すみだトレセンに選出された選手がいます、僕がトレセンに選ばれるほどの選手を指導できるようになるとは思っていませんでした、僕自身は輝かしい経歴はありませんし、凄い選手ではありませんでしたし、足は遅かったし、体力もなく、性格も弱かったのです。

ボーイスカウトのキャンプの時も僕に「疲れたか?」と聞かれて「疲れた」と言うと僕に合わせて休憩になっていたし、テント設営の時もリーダーの人が班長に「彼にも何かやらせてやれよ」と言ったのに、「いいんすよ、あつは使えないんで」と言われたくらいですからね、本当に何も出来ない男でしたし、貧弱でした、それに何をやってもできずに馬鹿にされつずけました。
これもサッカーも同じかな!練習中に「使えねーなー」と言われたこともあります

それから、何年も経過してスポチャンの先生をやり始めた頃、中学生の同級生にあった時、
「えーちゃん(永一なので)がインストラクターやってるのが信じられない」と言われました。
そう、信じられないんです。
スポチャンの先生をやり始めて、世界チャンピオンにもなり金八先生のアドバイザーにもなった師範にいろいろ教えていただけて、チャンスをいただけたことがとても良かったです、
1人で児童館に指導に行ったこともありました、この時は40人ぐらいいたかな?
子供相手の指導はこの辺りから上手くなって行きましたね。

そんな信じられない僕が現在トレセン選手やセレクション合格、スプリント向上する選手を育てています、下手くそだったからこそ、上手くなるためのメゾットが解るんです。
以前、武南高校の1年を指導したことがありますが、保護者から「なんでそんなに上手くなったんですか?」と聞かれたことがあります、とにかく勉強してますし、多くのアドバイザーがいます
それにいつも、準備を大切にしていますし、やらなければいけない事をピンポイントにやりますし、難しいことを簡単に、基本を簡単に解かりやすく説明をしています。
僕ほど下手から上手になるメゾット、道を知っているコーチはいないのではないでしょうか?


2年ぐらい前かな?大学東西対抗戦かな?インカレかな?何か忘れましたが、西が丘サッカー場で、以前お世話になったフットサル女子日本代表にも選ばれた、NPOスウィートバディーズ代表(当時、東京国際大のコーチ)を見かけたので、おもいきって「こんにちは!」と挨拶をしたら「なんか印象かわりましたね~」と言われたことがあります。、だいぶ変わったんでしょうね(^.^)
思い出してくださり嬉しかったです、挨拶をする意味が解ったように感じます

-----------
サッカー個人レッスン、少人数レッスン、スプリントレッスンなどの依頼は下のアドレスまでお願いします。女子(ガールズ)スクール、女子クラブチームの件も気楽にどうぞ
http://ws.formzu.net/fgen/S60804379/ (スマートホン対応)
http://eiichikitayama.blogspot.jp/p/blog-page_25.html
kitasaneiichi@gmail.com
悩んでいる選手は僕が救います。凄い選手経歴はありません
でも実績を積んできて多くのメソットを持っています

0 件のコメント:

コメントを投稿