2016年8月25日木曜日

全日本(全国)高校女子サッカー選手権、東京都予選、世田谷総合VS狛江、戸山VS日体桜華

 世田谷総合VS狛江、戸山VS日体桜華を観戦、2チームに知っている選手がいるので注目の試合でした。結果は世田谷総合VS狛江、0-1で狛江の勝利、戸山VS日体桜華1-1PKで戸山の勝利でした。、
狛江はシュートは打つけど決定力がなかったです、シュートを打つタイミングも遅かったです、世田谷総合は足元の技術を持っている選手はいるけれど、シュートまで行けませんでしたね。戸山の試合前のアップを見ていたらゲーム性もあり、基礎も出来てるし良いと思いました、試合内容も戸山が押しているようにも見えたし、技術も高いけど、点を決めきれませんでしたね、前半にヘッドで先制した後、追加点を取れずに、日体にコーナからの上手い崩しで同点になりました。
その後も戸山が優勢に進めているように見えましたが、1-1の同点でPK戦で戸山の勝利でした。
白熱した良い試合だったと思います。

訂正8,27更新(ユニホームの色を勘違いしていました、日体の勝利の間違いです、戸山とユニホームがほぼ一緒なので青が戸山とばかり思ってました、それを考えると日体が押していました)
 次はよいよ8強との対決になりますね、8強には、まだ3年生が残っている所が多いので、1,2年生が多い学校はきついかもしれませんが、全力で頑張ってほしいです。
8強とそれ以下の違いはなにか?、やはり実力のある3年生が早々と引退してしまう所でしょうね、それと全国大会に出場することを予定に入れているかいないか?だと感じます。
8強の選手は大学や進学先がこの時期には決まっている場合があるし、推薦をもらっている選手もいると思うので、心に余裕が少しあるんだと思います、推薦で進む選手はサッカーで頑張らないとならないから、引退するわけにはいかないのだと思います。
なので、なかなか8強を敗れる下の学校は出てこないのだと感じます
それでも、なんとかくらいついてほしいです、頑張れ女子選手達!

0 件のコメント:

コメントを投稿