2015年4月3日金曜日

一流の指導力ー立花龍司、やる気を引き出すメゾット

とても、良い本を読みました、一流の指導力、元ロッテやメジャーリーグチームでコンディショニングコーチをされていた立花さんの本です、一流とはなんなのか答えはこの本に全て書いてあります。
僕の指導は怒鳴ったり怒ったりする○○しろ~と命令系ではなく、○○しようか~、やってみよう、やってみましょう!と丁寧な言葉使いをすることを心がけています。
このことが正解だったことが、この本に書かれていて、驚きました、強い組織はポジティブに考えるそうです、アメリカのメジャーなどではほとんど、このコーチングらしいですね
全国高校サッカー選手権で優勝した時の野洲高校、山本監督のセミナーに行ったときもポジティブな言葉を多く使ったことを聞いたのを思い出しました

大切なひとたちが目指す目標を安全、確実に達成させる」ための行為を現代では「コーチング」と呼んでいるそうです、
伸びる人と伸びない人の違いなども書いてありました、目標設定が上手い人は伸びるけど目標設定が下手な人は素質があっても伸びないそうです、つまり大きな目標を叶える努力をするのではなく、小さな目の前にある目標をクリアしていくことが大切と言うことだと思います。

怒ると叱るの違い
「怒り」はその人の個人的な感情の爆発にすぎない、「叱る」は相手をよい方向へ導くために情熱をもって説得する行為だそうです、とても解かりやすいですよね。
時々怒りをぶつけて良いと言う指導者がいるけど、それはやっぱり違うと感じます

コーチの仕事の8割は選手のモチベーションを引き出すところにあると言うことなども書いてあり、非常に面白かったです。
叱られたくないから頑張るのではなく、褒められたいから頑張る選手達が増えて行くといいですね。

一番悪いコーチングは経験則だけで教え込むことみたいです、「昔オレはこのやりかたでヒットをたくさん打ってきたからお前もこうしろ」と無理やり支持をすることだそうです、経験則は大事だけど、それに合わない人もいるのだから、指導者は経験以外のものも一生涯まなばなければなりませんね~。よく選手経験などがない人が全国大会優勝などに導くことがありますが、教えこまれたことだけでなく、独自の理論をもっているからだと思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
サッカー個人レッスン(マンツーマン)、少人数レッスンをやっています、気軽にご連絡ください、男子、女子OKです、サッカースクール(主に女子)も開催します、実戦で使える練習をします、短期集中レッスンも考えてます、普段の練習では物足りない選手、個人技術、戦術を身につけたい選手、セレクションのために練習したい選手、今後に向けて基本の再確認がしたい選手がいたらお手伝いします、初心者でも相談してください、魅力のある選手を育てます!セレクション合格者もでていますが、こだわらなくても大丈夫です!

必ずお名前をおかきください、その他学年、お住まいの場所、男子が女子のどちらかを書いていただけると嬉しいです、名前だけ書いてあっても返事が出来ないかもしれません、個人指導は1時間です(1時間15分ぐらいに変更予定)、延長料金はないので、のんびりと出来ますよ。、数回希望の方は別の設定があります(今後は変わってくるかもしれません)実戦で使える必要なものだけピンポイントにやります。、小2~になります、女子は高校生ぐらいでも相談してください、少人数指導もいたします。
U12女子選抜やガールズチームの指導経験も豊富なので女子の方も安心してください、

終わってすぐに「上手くなった~」と言われたことがあります。上手くなるにはコツがあるのです
参加者には、実戦で使える何度も見たくなるテクニック動画もプレゼントしていきます、あるサイトを見てもらうのですがDVDにしてお渡しも可能です。セレクション受験の選手には、大切なことが書いてあるプリントをプレゼントします、値段はプレゼントを含む値段になります。ご連絡をお待ちしています、プリントだけ欲しい方は有料でお渡しも可能です

スクールなども開きます。5名~10名で締め切る予定です


申し込みはこちらまで↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/dc6be7ec345045 (スマートホン対応)
kitasaneiichi@gmail.com
活動報告↓
http://eiichikitayama.blogspot.jp/p/blog-page_25.html (こちらも活動報告)















0 件のコメント:

コメントを投稿