2014年8月20日水曜日

ジャパンライム40周年セミナー

ジャパンライム記念セミナーへ行き、陸上選手だった為末大さんの「世界の一流のアスリートたちーオリンピック、世界陸上で見えたこと」を聞いて来ました、心理のことなどを勉強されている方で、おもしろい話を聞けました、世界陸上やオリンピックなどの映像を使ってこの時はこうだったと解説などもありました。世界を相手に戦うことは本当に大変なんだな~と身にしみて解りました!、
為末さんは中学時代に10秒6で走れて、中学チャンピオンにもなっているそうですが、早熟型でこれ以上100メートルをやっても伸びないと気ずいたそうです、こうゆう話を聞いていると、スポーツは若いうちから鍛えすぎるのは良くないのかも?と感じます、早熟形は大成しにくいと言う話があるみたいですね、為末さんの中学時代のチャンピオン達は誰もオリンピックにでていないそうです。

パネルディスカッションではいろいろなスポーツ指導者とボトムアップ理論の畑先生のお話も聞けました、男子の指導と女子の指導の違いの話でインターハイ準優勝の京都精華の話もされていました。他の競技の監督さんの話も聞けて盛りだくさんでした(^.^)
畑先生が言っていましたが、全て0ベースから始まるのだから、出来なくて当たり前とゆう考えを持っていると言っていました、この気持ちを持っていれば、頭ごなしに「なんで出来ないんだ!」と怒ることはなくなるかもしれませんね。現役時代大活躍した選手が、いきなり育成年代の指導に来ると、なんでこんなことが出来ないの??って感じることがあるみたいですが、全て0の考えからスタートすれば、選手も安心して指導を受けれますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿