2014年6月1日日曜日

SAYONARA国立競技場FINAL “FOR THE FUTUR、ありがとう国立競技場

 よいよ国立競技場の最後の日がやってきました、久しぶりに来たけど、いついらいだろう?TVで観戦したのは高校サッカーの決勝やJリーグなどはあるけども、自分で足を運んだのはU20女子ワールドカップ以来かな?今日で最後とゆうことで、これは行っておかねばと思いました、思いかえせば、小学生の時に日本サッカーリーグを見に来たのが1番最初だったと思います、その後日本サッカーリーグのオールスターを観戦に行き前座にザミイラVSJSLOBチームの楽しい対戦があったのも覚えています、これは中1の頃かな、初めて友達とだけで行った観戦なので記憶に残っています、でもやっぱり国立と言えば高校サッカーと天皇杯の元旦決勝のイメージが強いです。決勝で聞く国歌斉唱が、なんとも神秘的で素晴らしいのです
 レジェンドOBの試合開始の頃は暑くて暑くて、大変でした、少し値がはるけど早めにメインスタンドを買っておけば良かったな~、 レジェンドの試合は懐かしい面々が暑い中、笑いあり真剣もありで、凄く楽しめました。ワールドカップで活躍された選手達、ドーハで敗れた選手達、観戦していて思ったのは、本当に夢を与えて来てくれたんだな~と感じました、観客達が自分達の思い出を楽しむ素晴らしい雰囲気だったと思いますが、、ゴール裏にいた日本代表のサポーターが無理やり盛り上げようと、日本コールを会場全体に強制させようとしたり、どなりごえでサッカー日本代表のコール(チャント?)を言わせようとしているのが、少し気にいらなかった、勝手に盛り上がって、選手の応援歌を叫ぶのはいいかもしれないけど、ここは自分達が仕切ってるんだ的な盛り上げ方は辞めてもらいたい。、とにかく暑くて日差しが厳しいのでハーフタイムやブルーインパルスの飛行まで日陰に逃げてました(ーー;)
 ここにブルーインパルスの飛行機が飛ぶのは東京オリンピックの50年ぶりらしいです、迫力がありました。この後にラグビーのレジェンドマッチがありました、ラグビーも迫力があり面白いです、サッカーの練習にも使えそうな技もありました。
試合が終わり、SAYONARA国立競技場セレモニーが開始され、トップバッターに盲目のピアニスト辻井伸行さんの演奏が始まりました、いや~素晴らしかったです感動しました、その後聖火リレーで、成果に火が点り、海上自衛隊の三宅由佳莉さんの国家斉唱がありました、これも素晴らしかった~国立に吹く心地よい風とともに流れる歌声が、とても神秘的でした。
最後に谷村新司さん、森山良子さんの歌や、有名な指揮者の方が出てきて蛍の光を会場のみなさんで歌い、最後に大きな花火が上がり終了になりました、終了後国立のピッチに入れるイベントもありましたが、やはり聖地なので、僕などが気安く入れる場所ではないと感じ、芝生(ピッチ)には降りずに帰りました!、ありがとう国立競技場、この日を忘れません
 

0 件のコメント:

コメントを投稿