2013年11月25日月曜日

皇后杯 全日本女子サッカー選手権、藤枝順心高校VS関東学園大学

 皇后杯 全日本女子サッカー選手権、藤枝順心VS関東学園大学、注目の試合を観戦に行きました、スタジアムについて思ったのは、なんだか岡山の美作サッカー場に似てるな~と感じました、山に囲まれていて自然豊かなサッカー専用スタジアム、 とても居心地が良かった
関東学園には順心のOGでU20代表の中村ゆしかがいます、現役生を相手にどこまでやるのか興味がありましたし、U-16MVP杉田妃和VSU-20中村ゆしかのマッチアップも楽しみにしていました!
結果は3-1で関東学園が勝利したので、U-20に軍配が上がりましたね、点差はつきましたが良い勝負だったと思います、個々の何気ない技術の攻防がおもしろかったです。
1点目は中村ゆしかのラストパスが見事だったし、2点目もゆしかが絡んで点が決まっているし、彼女がボールを持つと何かが起きる予感がしました。
今回の順心は後ろからポンポン蹴ってくる展開が多いいな~と、前半終了後に感じましたが、後半からU16代表の1年生が出てきてから、なんだか動きがよくなってきて1点を取り返しました、それにしても、あの1年生は早いし上手いね~大学生相手に物怖じしないプレーに驚きました。
後半に入り、裏に飛び出しチャンスを多く作りだして行きましたが、逆に関学がサイドを早いドリブルで駆け上がり、中にいた10番が3点目を決めて試合が決まった感じでした、関東学園の10番がハットトリック(3点)を取りましたが、見ている人は一見ごっちゃんゴールのようにも見えたかもしれませんが、そうじゃなくて、スペースへの飛び出しやポジショニングの取り方が非常に上手いのだと思います、そうじゃないと3点も取れません!勉強になりますよ、
その前にラストパスを出す人のプレーをセットで見ていると、勉強になりますよ
 順心は高校サッカーが残っているので、それに向けて頑張ってほしいです、強い相手と戦うことで個人もチームも成長していきますね、僕の近くで東京の女子サッカー部の監督さんがビデオを撮りながら、1試合目から偵察しているようでした、このサッカー部の強さが解りますね
全体的にコーナキックなどが少なく、流れのなかでの攻防が多く、見ごたえがある試合でした。
スローインは多かったように思うけど、これは流れの中の1つと考えてくださいね。
 
1試合目の神村学園VS北海道明清は途中から観戦しましたが、終始神村のペースでしたが
後半、 明清も前線の早い選手に合わせてきてチャンスを作りだしていました、3-0で神村の勝ちでした。明清にはサッカープログラムなどのコースがあるようなので、今後、楽しみな学校ですね

なんだか歩きまわり、疲れた旅でしたが、この瞬間をあじあうことの出来る人は現場にいた人だけですから、行って良かったと思っています。
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
サッカー個人レッスン(マンツーマン、家庭教師)少人数レッスン,女子スクールをやります、
気軽にご連絡ください、男子、女子OKです
普段の練習だけでは物足りない選手、個人技術を身につけたい選手、セレクションのために練習したい選手がいたらお手伝いします、現場の中で使えるものを紹介していきます
講習会で習って来たものではなく、現場で生かせるものをつねに研究しています
初心者でも相談してください。
http://eiichikitayama.blogspot.jp/p/blog-page.html

kitasaneiichi@gmail.com
皆様からのご連絡をお待ちしております
ブログを書いている本人(僕)が指導させていただきます

http://d.hatena.ne.jp/bonita-sc/
http://www4.hp-ez.com/hp/grasroots/page7 (プロフィール、その他)


0 件のコメント:

コメントを投稿