2013年8月23日金曜日

東京T1リーグ 成立学園VS修得

男子のTリーグを観戦、インターハイ出場の成立と東京ベスト4の修得の戦いです、インターハイが終わり一息つくまもなく、高校生はリーグ戦などがあるから大変です、それでも選手権に向けて調整が出来るからいいかもしれませんね、今日の成立は縦へ早かったように見えましたね、2-0で成立の勝利でした、2点目は修得のGKがトンネルをしてしまいゴールでした、成立はゴール前まで行き攻めても攻めても点が取れずに、2点止まり、修得もうまく崩してゴール前まで行き、チャンスは何度かあったのに、シュートが打てずに点が取れませんでした、シュートを打つことの大切さを改めて感じました。
後半ラストに修得のキーパーが倒れこんでいるのに、流している審判に疑問を感じました。キーパーがいないゴールを必死に修得の選手は守っていました、修得ベンチは怒ってましたね、キーパーが倒れてるのになんで流してるんだよーってね!、結局×マークが出て、片足を痛めてしまったようでした、かわいそうに。、試合中は簡単に倒れただけでは笛は吹かずに、なかなかいいジャッチをしていたけども、最後のはちょと疑問に思いました、危なかったらすぐに止めてほしいよね、あと笛がなってないからプレーをつずけろと言う指導者もどうかと思う、高校サッカーは高校野球と一緒で教育の一環でやっているはず、もっとスポーツマンシップにやらないと駄目だと感じます、勝ちたい気持ちも解るんだけど、、
コーチ監督が外部のプロ経験者などが増えて来たせいもあるのかもしれませんね。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿