2013年8月7日水曜日

指導者修行の旅!(河内SC)

指導者修行の旅!第何回か忘れましたし、ずいぶん前の話で、前に書いたやつを少し編集しました、前回少し触れたので書くことにしました


栃木県河内SCジュべ二ールさんへ見学へ行かせてもらいました
念願かない、行けました

上野から東北本線(宇都宮線)で岡本まで行き 改札を出たところで代表の方が待っててくれて
ご挨拶をして握手をして、グランドまで車で送ってくれました。
こうゆうことをしはじめてから行き帰りとも車で送ってもらうのは初めてだったので嬉しかった、
帰りだけ送ってもらったりしたことがあるけど基本自分で行って見て自分で帰るって感じだったから。
 
話した感じもとても優しい方で、車の中で栃木の女子サッカー事情も話してくれました。
学校について子供に自転車を借りてどこか行ったと思ったら、戻って来て、僕に「はい」って飲み物をくれました、わざわざ買ってきてくれたんだね、嬉しかった。
人間性が素晴らしい。

このクラブにはU-13日本代表でベトナムへ行った子もいます(現在はU19日本代表)
(この日もいましたよ)
国体選抜に呼ばれた子もいるそうですが、その子達は 興味がないとかで断ったそうです、選抜やトレセンは練習がつまらなくてジュべのTOPチームのコーチの練習のほうが全然良いかららしいです。JFAやトレセンスタッフはしっかりしてほしいものですね。 代表も言ってたけど。
(その当時の話で今は解りません)

1番見たかったジュニアは急遽試合が入ったとかで、上の中学生~社会人までの合同の練習を見せてもらいました、合計22人!大人数を代表と 1人のコーチでやってました。
ただ遊んでいるだけのスクールではないことが分かりましたし、

 
#強さの訳みたいのも分かったような感じになりました
いつものTOPのコーチは激しい人らしいので、それも見たかったな~ 、
見ていたらなんか分からないけど凄くサッカーがやりたくなったしパワーをいただいた感じです、
やる気が出てきました 、帰りも車の中でいろいろお話していただきました
とても充実した1日を送れました、ありがとうございました


1妥協をしない
遅れて来た者にも必ず、みなと同じメニューをさせる、
福島から来ている子もいるらしくて、遅れてくるのは仕方ないけど、
遅れてきても、みなと同じ練習をさせるそうです
12分間走を1人でやっている子がいた。、周りの休憩中の子も頑張れーと応援していた、からかっている者は1人もいない。
GK練習の時、30度を越す暑い中でもGKの選手は長袖長ズボンの
ピステに着替えて練習していた
代表も長袖長ズボンのジャージに着替えて指導していた
体験に来た子にも同じメニューをやらせる!体験がいるからと優しいメニューにはしない

2素直
いやいや練習している子がいない、コーチのメニューを素直に受けて
必死さの中に楽しさが見えた。、見知らぬ僕にも「こんにちは」と挨拶してくれた子もいた


3メリハリ
練習は厳しくやっていても休憩中はみな笑顔で楽しそう、代表のことをちゃんずけで呼んだり、
コーチのことをあだ名で呼んだりでね、
そこは女の子なんだろうね。休憩中受験参考書を読んでいる子もみかけた、彩ちゃん(現仙台)(当時はマリーゼ)ずっとディフェンスやってんじゃんと代表に文句いっている子もいた、やはり納得いかないんだろう。
背中にサメ25と書かれたシャツを着ている子もいたので、憧れなんだろうね。憧れがいるのも名門クラブの良い所ですね
鮫島彩さん安藤梢さんはこのクラブのOGです 

今回は中学生~社会人までの女の子だから、こんなことを感じたのかもしれません。
いつもは野球がグランドの半分使っているらしいです、それを考えるとなんとなく
昔の帝京に似てますね。上手くなるためには環境は関係ないな~と感じました
人数的に中学生も体の大きい高校生や大人とやらなきゃいけない時もあるからフィジカルも厳しくやるとかで、体力をつけておかないと楽しいだけのサッカーになってしまう。

ジュべはどこへ行っても通用する選手の育成を目指しているので、
今のうちに基礎を叩き込むそうです

その後代表とは、なでしこリーグの会場などで会ったら、挨拶をしたりしています、オールスターを見に行った時は向こうから僕に気ずいてくれて、嬉しかったし、恐縮してしまいますね。

旅に出て、いろいろ学び、ただ見るだけでなく、後で必ず自分でやってみます。
だから自信あるんです、必要であることないことをしっかり見極めます





0 件のコメント:

コメントを投稿